東京と関東を中心に日帰りで街歩きを楽しんでいます。
1 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路 の続き
さて、稲荷山コースの展望台を経過して
思ったよりなかなか素敵なコースです。
「山って楽し~*\(^o^)/*」心からそう思いました。
途中、「あ~尾根なんだな~」と思う、こんな場所があります。両側がちょっとした?崖です(*_*)。
普通に歩けば大丈夫ですが、すれ違うときや子供などは注意したほうが良さそう。今のところ、このコースは大人だけで子連れの人は見かけませんでしたが。
2014年05月10日_RIMG0029
と、気分良く歩いていると、苦手な階段が出現。
2014年05月10日_RIMG0031
下り階段より良いですが・・ゆっくり登って・・
2014年05月10日_RIMG0032
2014年05月10日_RIMG0035
一息ついたところに歩きやすい木製の道の箇所があります。・・と思ったら
2014年05月10日_RIMG0037
6号路と稲荷山コースが合流する分岐点に来ました。一番最初に数年前6号路から来たときは「頂上!に行かなくては」という思いが強く、長い木の階段を上り頂上に行きました。2回目に一人で来たときは、左に巻き道を通りもみじ台に向かいました。頂上ともみじ台は、ちょっとしか離れていません。今回も、頂上はスルーしたかったのですが、きれいめのトイレに行きたかったので、やむなく頂上に行くことにしました。いったん左に巻き道を通り、もみじ台から頂上に戻った方が距離はちょっと長くなりますがずっと楽ですが、何となくこの日は素直に階段を登ってしまいました。
2014年05月10日_RIMG0042
まだ、先が長いかもしれないので、(まだ頂上以降の行き先を決めていない。)膝を痛めないように「あなた何歳なんですか?」と聞かれてもおかしくないくらいに「亀か?」と言われそうなのろさで登りました。でも、どんなにゆっくり登っても、ちゃんと着くんですよ。
2014年05月10日_RIMG0043
分岐からの長い階段を上ると、頂上の手すりが見えます。
最高のご褒美。富士山がくっきりきれいに見えました。
残念ながら写真の撮り方が下手でピンぼけしていました。
これまで、富士山が見えると言われているところから、こんなにきれいに見えたのは初めてです。
2014年05月10日_RIMG0050
頂上についたのは登り初めて約1時間半後でした。かなりのローペースで歩いた割に地図に書いてある目安並だったようです。まだ、時間が早めのせいか、5月にしては比較的すいています・・と思ったら、15分違いでどんどん人がみるみる増えてきました。
2014年05月10日_RIMG0049
頂上のトイレもケーブルカー駅付近のトイレ並にきれいに改装されていました。まだすいています。個室の数は少ないですがなんと山の上でウォシュレットつきトイレです。トイレ休憩できて安心したあとは、あいているベンチが思いっきり日差しが当たるモノしかありませんでしたが、仕方ないので座っておにぎりを食べました。必要とあらば茶店で何か食べるつもりもありましたが、何となく食べる気がしないので、今回は持参したおにぎりとおやつで完了です。
さて、後半のコースですが・・一瞬「小仏峠まで行っちゃう?」と思いましたが何せ久々の山なのです。焦りは禁物とおもい、予定をアレンジすることにしました。
当初は普通に頂上~1号路で下山の予定でしたが、そういえば4号路を歩いたことがないと気づきました。4号路はつり橋があるので、よく頂上付近で、子連れの若いままが「吊り橋だって!吊り橋行こうよ!」と声高に家族を誘う姿のイメージがありますが、せっかくなので、こちらを行くことにします。
というわけで、後半は頂上~4号路~1号路で下山すると決めました。
3 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路へ続く
記事検索
ブログ管理人 まちえ ゆきこ
メッセージ