1のつづき
しばらくは暗い静かな山道の上りが続きます。
段々、明るくなってきました。誰もいないので、ちょっと不安になっていると後ろから3,4人の人が追い越していきました。
26110313
15分ほどで「四辻(よつじ)」に来ました。私が登ってきた方向から見て左の道は(JR&京王)高尾駅に続いているようです。右へ行くと草戸山方面です。でも「草戸山」じゃなくて「草戸峠」って書いてあるのよね。どうして?「峠」って範囲が漠然としているしね。
26110314
尾根に乗ったようです。楽勝かな?と思ったら大間違い。このあと草戸山まではいくつかのアップダウンがあります。草戸山は標高が低いですがそこに至るまで何度も小さなピークを登ったり降りたりを繰り返します。事前に調べたことがあったので想定内だったのですが。
26110315
写真は余裕の有るときを中心に撮っているので、アップダウンの差があるところの写真はあまりありません。こういうところばかりではありません。
26110316
ベンチがありました。でも、ここで休憩していると頭上をスズメバチらしき偵察バチが一匹ブ~ンと通りすぎました。はいはい。長居するなってことね。怖いので仲間を連れてこないうちに退散します。
26110312
この花が、今日のコース中、あちこちに咲いていました。目立たないけれど可憐で清楚な雰囲気が良いです。
26110331
山の様子は明るくて気持ちが良いです。
26110332
で、実は私、ここで間違えてプチ道迷い&プチケガしました。
261103100
詳細は別記事にしようと思います。
簡単に説明すると、写真の標識の奥に道があるように見えますよね。そちらに行ってしまったんです。この間15分くらいかな?こうやって遭難するんだな・・・と反省するとともに、油断禁物と改めて身が引き締まる思い。地図とコンパスで確認しながら進めばこういうことはなかったのかどうか。
26110334
写真ではわかりにくいですが、急斜面なので下りの道が有ると見えないのです。
さらに進むとたまたま小さな補足の手作り標識がありましたが、反対方向から来ると、大きい方の標識だけを頼りに歩いた場合間違えて直進しそうでした。
26110330
これが同じ場所にあった、大きい標識です。
26110340
「高尾山口駅」の向き、微妙ですよね。ボ~ッとしていると間違えそう。
26110341
それにしても、草戸山はまだ?
思ったよりかかるなあ・・
3へつづく