京王井の頭線下北沢駅からのスタートです。

今回のコース 

下北沢駅~北口~商店街~南口側(テキトー)

多分2キロメートルくらい

はじめは地図を見ながら歩いていましたが、後半はテキトーです。店のあるエリアはそんなに広くありません。気の赴くままに目についたまま歩くのがよろしいかと存じます。

この記事は、同日、渋谷駅散歩からの引き続きです。画像は渋谷駅の京王井の頭線の中央改札です。

RIMG0436

渋谷駅から京王井の頭線数分で下北沢駅に到着しました。若者の街歩きテーマになってますね。

下北沢駅でトイレに行こうとしたら、構内が工事中です。そしてトイレは「地下3階」と書いてあります。下北沢の外に公衆トイレがあるらしいですが、なるべく駅内に行きたいと考えて地下に降りました。

ところが、地下3階は甘くなかったです。遠いです。ところが、ちょっとだけ「来て良かったかな?」と思う展示物がありました。

RIMG0437

工事完成後の予想図とか、説明のボードが転じされていました。

 

RIMG0440 RIMG0441  RIMG0443 RIMG0444 RIMG0445

とおいトイレでしたが、やっと外に出ました。いろいろ整備中なんですね。

 

RIMG0446

 

RIMG0447

下北沢駅の北口に出ました。

 

RIMG0448

まずは左に行きます。突き当たりに無印があります。

RIMG0449

無印から右折すると早速、下北沢らしい町並みが。

 

RIMG0451 RIMG0452

やっぱり古着やさんのような店が多いです。

 

RIMG0453

ただし、道が狭く、たまに車が通るのであんまり落ち着いて歩けません。

 

RIMG0454 RIMG0455

店主のこだわりが感じられるような個性的な店が並びます。

 

RIMG0456 RIMG0457

若者向けばかりではなく、ときにおばさん向けの店も混じっています。

 

RIMG0458

落書きなのか芸術的なのか微妙な外観。

 

RIMG0461 RIMG0462

ドラッグストアもなぜか多いです。

RIMG0463

階段の入り口の帽子をかぶった女の子はマネキンです。

RIMG0464

この辺は一番賑わっているかも。

RIMG0465

この雑貨屋さんは品揃えが豊富そうです。

 

RIMG0466 RIMG0467

洋服屋さんが多いですね。

 

RIMG0468

たまには靴屋さんもあります。

RIMG0469 RIMG0470

手芸店ですね。

 

RIMG0471

あっという間に北口側の商店を一通り回ったので(歩いただけ)いったん駅の近くに戻って別方法に行ってみます。一瞬、ミニ築地のような空間があります。

RIMG0473

ここを抜けると対象創業時のままのような雰囲気のまんじゅうやさんのたてものがあります。

 

RIMG0475

左方向と右方向に道がありますが、まずは右方向に進んでみます。

RIMG0476 RIMG0477

個性的なお店が多いです。でも、個人のこだわりが感じられて・・だからこそ、入りにくさもあります。

 

RIMG0478

こっち方面の店が途切れたことに小劇場という建物がありました。

カレーっぽいいい香りがしてきます。このお店のようです。

 

RIMG0481 RIMG0482

シャッターにも気の利いたイラストが。

 

RIMG0484

何だか、どこを歩いているのかわからなくなりました。

RIMG0485 RIMG0486

通りが見えたら適当に入っています。

 

RIMG0487 RIMG0488

手作り雑貨のお店らしいです。二階ですが、こういうお店も興味あるけれど、入りにくさがね。

RIMG0490

下北沢というと若者のイメージが強いですが、同時に目立つのは高齢者です。高齢者も多い街のようですよ。

 

RIMG0492 RIMG0493

適当に歩き回っていたら、また同じ所に戻ってだいたい一通り回ったようです。

 

RIMG0494

最後に店の脇がきれいなお店を撮影して終了にします。

RIMG0495

時間にして1時間も歩いていないと思います。思ったより商店のエリアは広くないようですね。おそらく、週末や休日はもっと混雑するんでしょう。休日に来ると飲食店や小腹対策用のお店があまりな印象なので、ちょっと困るかもしれません。

トイレのある箇所が少ないので、駅前の公衆トイレか、飲食店に入ったついでに済ませておくと良いかもしれません。

車の通りはそんなに多くありませんが、歩道がないに等しいです。歩くときには周囲に注意した方が良さそうです。

 

おわり

 

今日の費用

飲み物130円

交通費