東京メトロ飯田橋駅からのスタートです。

今回は飯田橋駅(メトロ)から小石川後楽園を散策しました。

 

RIMG0007 RIMG0008

駅を出ると目の前に歩道橋が見えます。小石川後楽園には、この歩道橋を通って行きます。(地下道を通れば別のルートもあるかもしれません)

 

 

RIMG0009 RIMG0010

歩道橋には看板があるのでわかりやすいです。

RIMG0012 RIMG0015

歩道橋の上から撮影。

RIMG0020 RIMG0021 RIMG0022 RIMG0025

看板に従って歩きます。

 

RIMG0026 RIMG0027

階段を降りて進みます。

 

RIMG0028 RIMG0029

運動場の脇の道を進みます。

 

RIMG0030

入り口です。

RIMG0033 RIMG0035

受付で入場料300円を払います。おなかすいたなあ。何か売ってないかと思うと

 

RIMG0038 RIMG0039

茶巾弁当というのが(650円)売っていたので買ってみました。東京ドームの屋根が見えますね。

RIMG0041

それにしても外国人多し。特に中国語が飛び交っています。

 

RIMG0042 RIMG0051

早速食べます。

 

RIMG0052

茶巾の結び目が切れていたようです。受け取ったとき「ちいさっ」と思ったのですが、開けてみると普通でした。食べてみてびっくり!総菜の味じゃなくて。料亭系の味ですよ!おいしい!

足りないかもと思ったら、十分でした。茶巾は寿司飯です。魚も全部美味しかった。満足です。

RIMG0053

整備されすぎてない感じがいいです。

RIMG0057 RIMG0058

適度にうっそうとしているので山に来た気分を味わえます。

 

RIMG0062

これなに?

RIMG0067 RIMG0068

唐門跡

RIMG0076

 

RIMG0070

奥にある池。ここでは鳥待ちらしいカメラのおじさんが数人待機していました。

 

RIMG0071 RIMG0072 RIMG0074

落ち着きます。

 

 

RIMG0077 RIMG0082

ずいぶん広い庭ですね。

 

RIMG0086 RIMG0087 RIMG0088 RIMG0089

赤門といいます。

RIMG0092

脇にほこらがありました。

RIMG0093 RIMG0094

田んぼです。

RIMG0097 RIMG0098 RIMG0100



このあたりは梅林なので春に訪れたいです。

RIMG0102

カラス注意、さっき場所では無事でした。

RIMG0104 RIMG0105

枝の形がかっこいいです。

 

RIMG0107 RIMG0113

いろんな趣があるなあ。

 

RIMG0114 RIMG0115

上れませんが、急な階段がありました。

 

RIMG0116

すぐ左の階段で上に行けます。昔は元々清水の舞台をもした物があったそうです。震災で壊れたとか。

RIMG0117 RIMG0118

有名な円月橋です。

RIMG0121 RIMG0122 RIMG0126

休憩のための東やです。」

 

RIMG0128

巨大な盆栽のように形が整った松。

RIMG0129

小廬山。

 

RIMG0131

西湖の堤(せいこのつつみ)中国の杭州の西湖の堤に見立てたとか。

RIMG0159

RIMG0134

大堤側。

RIMG0137 RIMG0138

屏風岩。

RIMG0139 RIMG0142 RIMG0145

通天橋。

RIMG0147 RIMG0148

少し上に上ると得仁堂があります。

RIMG0152 RIMG0153

またあった、ぼこぼこの岩。

 

RIMG0156   RIMG0160

カメラのバッテリーが切れそう。まだ、先を歩く予定でしたが、スタートが遅かったし帰ろうと思います。帰りにお休みどころのメニューをチェック。ぼけていますが思ったより安くてびっくりしました。600円台が中心です。種類は少ないですが、茶巾弁当が美味しかったので味も期待できそう。

 

RIMG0161 RIMG0162

園を出ると近くのバス停にコミュニティバスが停まっていました。

 

RIMG0163

このオブジェは何を意味しているんだろう。スポーツ公園脇の都営飯田橋駅の頭上にありました。

 

RIMG0165 RIMG0166

場所はここ。

 

RIMG0167

来た道を戻ります。

RIMG0169

おわり。

小石川後楽園入場料300円

茶巾弁当 650円

思ったより園内の起伏があり、足下が良くない場所もあります。スニーカー必須です。結構広くて清澄庭園などのように作り込まれた庭とは違う趣があります。紅葉に時期も楽しいかも。