このブログは街歩きの記録&画像メインでしたが、少し趣をプラスしてみることにします。つまり画像無しのトーク記事です。

今回のテーマは「街歩きコースの決め方」についてお話します。

旅行に行くにしてもウォーキングにしてもハイキングにしても「どこを歩くか」で迷いませんか?実は当初、私もそれで余計な時間を消費したんです。でも、今は解消しました。コースの行き先は「パッと最初に浮かんだ場所」です。しょせん、迷ったところで行先は無限にあります。今一つかな?と思っても実際は楽しめることは大いにあります。期待したらそれほどでもなかったってことも。パッと浮かんだ場所って案外的を得ているものです。全く無関係の場所が浮かぶことはないはず。何らかの意図があるから浮かぶわけで。
DSCN1221


それからコースは限りなく無理をしない事もコツですね。街歩き本のコースは実際に歩くとわかりますが相当ハードです。コース自体に2時間とあれば実際は最低倍はかかります。理由は自宅からの往復時間と休憩時間とトイレと施設の滞在時間が加わるからです。コースは2キロ圏内くらいがベストです。以前は4~5キロプラス施設内見学を一気にやっていました。これはもうランチをしないで歩かないと無理でした。

休日に早朝から夜まで目いっぱい歩ける人でも1つ問題があります。それは施設と店の営業時間です。朝早いのは気持ちが良いのですが店は営業していません。だからあまり早くてもダメです。平日なら空いていると思うかもしれませんがこれも意外とアウトです。行先にもよりますが9時ころに家を出て14時くらいに帰路に就く位が帰りの電車も混まなくてベストです。

特に都心の真ん中はやめたほうがいい。働いている人のランチと重なるとどの店にも入れません。美術館とか神社の施設内自体は余裕があるけれど結局、混雑して身動きとれません。やっぱり休日の方が動きやすいですね。どうしても平日に街歩きするなら東京の下町、千葉、埼玉などの都心から少し外れた地域なら割とお勧めです。

ただし数年前と違い下町でも混雑がすごいのでやめた方がいい場所があります。それは浅草、築地です。得に浅草は地下鉄が狭いし外国人がすごいです。ここは他に用があって通り過ぎるだけでもなるべく経由しないようにしています。

まとめ

街歩きで注意することをまとめると次の点です。

  • 行先は「浮かんだ場所」にさっさと決めてしまう
  • コースは2キロ圏内を目安に
  • 9~14時くらいに行動する
  • 平日に歩くなら都心以外で
  • 浅草、築地は混雑がひどいので避ける