東京関東街歩き

東京と関東を中心に日帰りで街歩きを楽しんでいます。

カテゴリ: 稲荷山~4号路~1号路

3 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路 のつづき
4号路を抜けた後は1号路で下山します。久しぶりです。この写真では人が少なそうですが、実際は、この3~5倍くらいの人が。ケーブルカーが到着したタイミングで、人が多いときと少なめの時があるみたい。
2014年05月10日_RIMG0082
道行く人が「今日は少ないねえ」「時間のせいじゃない?」な会話が。以前GWに来たときはケーブルカー駅付近は満員電車状態ですからね。(動けないほどではないけど)
2014年05月10日_RIMG0084
さる園と野草園前を通過。そういえば、はじめて来たとき「あなたの目を見て言葉を書きます」な色紙に何か言葉を書くというお店が、今回も開いていました。人が多いから、結構「書いて」をと言う人がいるんでしょうね。すでに書いたモノも売っているっぽい。
2014年05月10日_RIMG0085
そして、十一丁目茶や前に。ここも眺めがいいです。それにしても高尾山に来るたび「いつか団子を食べよう」と思うのですが、いつもおなかいっぱいというか、食べる気にならなくてまだ食べたことがありません。団子は好きなんですよ。でも、タイミングが合わないのです。
2014年05月10日_RIMG0086
この看板から歩いて1号路を降りると40分らしいです。私の足では1時間くらいかかるんじゃないかなあ・・と思いつつ、歩いてみました。
2014年05月10日_RIMG0088
いや~写真で見ると、結構それなりにみえるんだけど・・何だろう、稲荷山コースとか4号路を歩いているときはあんなにわくわくと気分がいいのに、同じ高尾山で、緑もあるのに、ぜんっぜん楽しくないのです。時折山野草も咲いているんですよ。下りだから結構膝がきついけど、それだけじゃないんです。
2014年05月10日_RIMG0090
考えられるのは、舗装道路と観光客多数と逆行して歩く多勢に少数のなんともいえない雰囲気のせい。登ってくる人で多いパターンは若者の男女の集団。私の世代ってこのくらいの年齢の時はバブルまっただ中だったから、山に行くと言う概念が皆無の年代なんです。私より上の世代は若い頃登山ブームなどが合った世代。今の若者は山ガールと言う言葉があるくらいでレジャーが山歩きというのは珍しくない。ところが私の年代は、ぽっかりと山歩きをしたという経験が皆無の世代なんです。きっと。私も、以前は考えられませんでしたし。
2014年05月10日_RIMG0091
わいわい言いながら登ってくる若者の多くは下手すると自分の子供くらいの年代です。自分の子供が息子なものだから、似たようなタイプのこを見かけると「おいおい、きをつけるんだよ。」と母さん目線になってしまいます。なんてことを考えつつ、のらりくらりと1号路をひたすら歩くわけですが、膝が辛いです。膝のせいだけでなく、本当にこの1号路はおもしろくありません。と言っても、この道路があるからこそ、立派な水洗トイレ茶味や緊急車両が登ることができるんですよね。とはいえ、ハイキングとしてはおもしろくないのでリフトやケーブルカーで下った方がいいなと思いました。
2014年05月10日_RIMG0095
なんだかんだでかなりゆっくり降りましたが時間を見たら、看板の予告通りだいたい40分で降りていました。
この後、土産店を見ながら駅に向かい・・今日は珍しく水とICカードのチャージにしかお金を使いませんでした。後は混雑しないうちにさっさと家に帰ります。案の定、ずっと座って帰ることができました。
ところで、ニュースで知ったのですが、この京王高尾山口駅、近くリニューアルするそうです。駅のすぐ近くに日帰り入浴設備もできるとか。いいねえ。これで汗臭い状態で帰れずに済みます。混まないといいけどね。ミシュラン3ツ星でブレイクしてから、駅の利用客がみブレイク前と比べて40%アップしたそうです。京王電鉄さん良かったね。
個人的には、駅のトイレをもっと広く数を増やして欲しいかなあ。
4高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路
おわり

2 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路の続き
頂上を後にして、4号路を経由して下山します。
4号路の目玉は吊り橋だそうです。でも、吊り橋にはそれほど興味がなく、ただ3号路の混雑を避けたいこととできるだけ自然に近い山歩きを楽しみたいという目的です。
頂上からケーブルカー上駅を目指して降りていくと4号路の分岐の標識があります。そこから降りていきます。
2014年05月10日_RIMG0058
頂上からの明るさと混雑と賑やかさが一転して再び静かな山の中にいけることに小さな喜びが。
このコースに入ってくるのは、一人歩きの人もいますがややっぱり小さい家族連れが多いです。
小さい花が咲いていました。
2014年05月10日_RIMG0062
後で調べました。
オカタツナミソウ(シソ科)だそうです。
ふと上を見上げると赤い木の実が。
2014年05月10日_RIMG0063
すぐ近くにこの木の実を食べる鳥の説明とか絵とか。そうか。ヒヨドリっていう鳥のごちそうなんだね。
2014年05月10日_RIMG0066
植物に全然詳しくないので名前はわかりませんがイチゴの苗の花と似ているので、ヘビイチゴ系かなあ。
2014年05月10日_RIMG0064
木。
2014年05月10日_RIMG0067
道はなだらかですが、落ちると大変!な狭い道です。小さい子供は手をつないで歩いたほうが良さそう。
2014年05月10日_RIMG0068
これが人気の吊り橋かあ。
向こうから、大学生くらいの団体さんが名札をつけて次々渡ってきます。ようやくタイミングを見計らって進みます。結構しっかりした橋で、下を見ても葉が覆っているので高さがあるのでしょうが、あんまり怖くはありません。でも少し揺れます。
2014年05月10日_RIMG0076
結構、あっけなく渡り終えて向こう側に。
2014年05月10日_RIMG0077
で、薬王院入り口との分岐に出ます。
2014年05月10日_RIMG0079
薬王院の入り口ですね。
薬王院の人混みをスルーできる効果は大きいです。でもこの4号路は「吊り橋」に惹かれてやってくる人が多く、以前来たときはどちらか一方通行でした。
で、いよいよ1号路ですが、人がどんどん登ってきます。
と言ってもピークほどではないのですが。
ファミリー、幼稚園?保育?のちびっ子ちゃんを20~30人くらいつれて若い保育士さん?幼稚園教諭さん?が50リットルくらいのザックを背負って歩いていました。いや~すごい。園児全員の昼食とかおやつとか着替えとか入っているのでしょうか。その後ろを歩くもう一人の保育士?さんの荷物は10リットルくらいなんです。山歩きを本格的に下人でないと、無理だよね。すごいなあ。
私なんか自分一人を連れて歩く?のにやっとです。子供と来ていた頃は夫とふたりがかりでも結構神経使ったよ。他人の子供を30人くらい連れて歩くって本当に大変でしょうね。
4 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路へつづく

1 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路 の続き
さて、稲荷山コースの展望台を経過して
思ったよりなかなか素敵なコースです。
「山って楽し~*\(^o^)/*」心からそう思いました。
途中、「あ~尾根なんだな~」と思う、こんな場所があります。両側がちょっとした?崖です(*_*)。
普通に歩けば大丈夫ですが、すれ違うときや子供などは注意したほうが良さそう。今のところ、このコースは大人だけで子連れの人は見かけませんでしたが。
2014年05月10日_RIMG0029
と、気分良く歩いていると、苦手な階段が出現。
2014年05月10日_RIMG0031
下り階段より良いですが・・ゆっくり登って・・
2014年05月10日_RIMG0032
2014年05月10日_RIMG0035
一息ついたところに歩きやすい木製の道の箇所があります。・・と思ったら
2014年05月10日_RIMG0037
6号路と稲荷山コースが合流する分岐点に来ました。一番最初に数年前6号路から来たときは「頂上!に行かなくては」という思いが強く、長い木の階段を上り頂上に行きました。2回目に一人で来たときは、左に巻き道を通りもみじ台に向かいました。頂上ともみじ台は、ちょっとしか離れていません。今回も、頂上はスルーしたかったのですが、きれいめのトイレに行きたかったので、やむなく頂上に行くことにしました。いったん左に巻き道を通り、もみじ台から頂上に戻った方が距離はちょっと長くなりますがずっと楽ですが、何となくこの日は素直に階段を登ってしまいました。
2014年05月10日_RIMG0042
まだ、先が長いかもしれないので、(まだ頂上以降の行き先を決めていない。)膝を痛めないように「あなた何歳なんですか?」と聞かれてもおかしくないくらいに「亀か?」と言われそうなのろさで登りました。でも、どんなにゆっくり登っても、ちゃんと着くんですよ。
2014年05月10日_RIMG0043
分岐からの長い階段を上ると、頂上の手すりが見えます。
最高のご褒美。富士山がくっきりきれいに見えました。
残念ながら写真の撮り方が下手でピンぼけしていました。
これまで、富士山が見えると言われているところから、こんなにきれいに見えたのは初めてです。
2014年05月10日_RIMG0050
頂上についたのは登り初めて約1時間半後でした。かなりのローペースで歩いた割に地図に書いてある目安並だったようです。まだ、時間が早めのせいか、5月にしては比較的すいています・・と思ったら、15分違いでどんどん人がみるみる増えてきました。
2014年05月10日_RIMG0049
頂上のトイレもケーブルカー駅付近のトイレ並にきれいに改装されていました。まだすいています。個室の数は少ないですがなんと山の上でウォシュレットつきトイレです。トイレ休憩できて安心したあとは、あいているベンチが思いっきり日差しが当たるモノしかありませんでしたが、仕方ないので座っておにぎりを食べました。必要とあらば茶店で何か食べるつもりもありましたが、何となく食べる気がしないので、今回は持参したおにぎりとおやつで完了です。
さて、後半のコースですが・・一瞬「小仏峠まで行っちゃう?」と思いましたが何せ久々の山なのです。焦りは禁物とおもい、予定をアレンジすることにしました。
当初は普通に頂上~1号路で下山の予定でしたが、そういえば4号路を歩いたことがないと気づきました。4号路はつり橋があるので、よく頂上付近で、子連れの若いままが「吊り橋だって!吊り橋行こうよ!」と声高に家族を誘う姿のイメージがありますが、せっかくなので、こちらを行くことにします。
というわけで、後半は頂上~4号路~1号路で下山すると決めました。
3 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路へ続く

久しぶりに高尾山にやってきました。

京王線高尾山口駅に降りました。さすがの高尾山も、人影はまばらです。駅のすぐ隣のコンビニのような売店もまだ開いていません。今日はおにぎりを持ってきました。上に行けば茶店もあるので手ぶらでもいいのですが。
夫も子供も用事があるし。小さい子供連れでハイキングに来ている家族を見るとちょっと懐かしいです。
子供が割と小さい時の方が喜んで歩いてくれます。ところが成長に伴って、段々と乗りが悪くなり、遂には親と行動しなくなるしね。
まあ、そうでないと困るんだけど。
子供が小さい時って、永遠に子供の世話が続く気がするけれど、あっけないもんです。と言ってもまだ完全に子育てを脱したわけではないから、微妙なスケジュールのもと隙間日時で決行しています
完全に子供が独立して夫も定年したであろうくらいの年代の女性も結構見かけます。
それはさておき、ストレッチをして、荷物を確認してトイレに寄って、自販機で水を買って・・スタートします。今回は初めて稲荷山コースを歩きます。登山口は、ケーブルカー駅のすぐ隣なのでわかりやすいです。

早速、長い階段をスタート。膝を痛めないように慎重にゆっくり歩きます。朝早い野で、思ったより人が少なめでした。とはいえ、かなりのローペースなので、背後に人の気配がしたら、道を譲り、再びマイペースに戻ります。

稲荷山コースは、尾根ということなので日差しが強いかと思いきや、ほとんど日陰です。道幅も6号路より広いですね。それだけ、たくさんの人が歩いてきたということなんでしょうね。10~15分くらいで、お稲荷さんのある社につきました。ちょっと休憩して再び歩きます。
こんな風に歩きやすい遊歩道のような道や枝が張り出た道と階段が交互に続きます。

2014年05月10日_RIMG0015

歩き始めて1時間ほどで展望台に来ました。手書きの標識の右を行くと展望台です。ここからすぐです。

ちょっとかすんでいますが、東京の街並みが見えます。
2014年05月10日_RIMG0024
東やとトイレがあります。
東やは、座るところがなかったので立って休憩。
東やの奥の建物がトイレです。トイレは、とても入れる雰囲気ではなく、一人ではいるにはかなり勇気がいりそう。・・がなんと使用中止の張り紙がしてありました。もし、このトイレを当てにして登ってきたら、困りそう。
2014年05月10日_RIMG0027
再び先に進みます。
一応、この日の予定は、稲荷山コース~頂上~3号路~1号路の予定ですが、調子を見てケーブルカーで下るか・・場合によっては城山~小仏峠~小仏バス停留まで行くことも少し考えつつ歩いていました。でも、絶対に無理はしないと言うのが原則です。
さて、どうしようかな。
2 高尾山 稲荷山コース~4号路~1号路 へ続く

↑このページのトップヘ