東京関東街歩き

東京と関東を中心に日帰りで街歩きを楽しんでいます。

カテゴリ: 旧ブログ 日和田山~物見山~五常の滝

1はこちらから
2はこちらから
物見山の頂上を経て、途中までは「北向き地蔵」の標識を目安に進みます。
ガイドブックに載っていなかった「宿谷の滝」の分岐の標識がありました。標識によると25分だそう。トイレのマークもあります。新しい標識です。距離があるので今回はスルーします。
26101332
途中、このようにまっすぐの道と左に一段低い分岐があります。多分、ここが「小手名下降点」という位置なのだと解釈。(はっきり確認していません。)ガイドブックに、「左に一段低い分岐がある道を進む」とあったので、この道を進みます。多分、右側の道を進むと北向き地蔵へ向かう道です。
26101333
湿度が高く、シダ系の植物が多いです。道は細くてあまり人が多くは通っていなそうな雰囲気です。でも、道の雰囲気は悪くありません。とはいえ、急に人の気配がなくなりました。みんな北向き地蔵に向かうから?道を間違えていないのは確信していますが、ちょっと不安になります。人がいたらいたで、うっとうしく思い、いなくなったらなったで不安になる。勝手だなあ・・とか思いつつ進みます。
26101334
大きな石碑が見えてきました。文字を見ると「馬頭観音」ガイドブックのコース中に記してあったものです。この道は正しいと確信できてとりあえず安堵。
26101335
でも、相変わらず、人が誰も通りません。
見通しも良くないので、ちょっと怖いです。
どこからか木を切る音が聞こえるので、少なくとも熊がでることはないだろうなとか思いつつ・・歩き進むと、民家が見えてきました。おそらく、集落端の裏手なのでしょう。手押しポンプがあったりして・・
26101331
そのまま進むと民家の物らしい小さな畑などがあり、とりあえず近くに人の気配が出て着たので一安心。
26101338
でも、このコース、やっぱり歩く人は少ないことがわかりました。というのも途中のコスモスが道をふさぐように生えていたから。しょっちゅう、人が通っていたら、こんな風に道にせり出していませんからね。
この辺の雰囲気はのどかで良いです。
26101339
ただし、またすぐにさっきのような暗い展望のない人気のない山道になります。途中、何カ所にも足下に「野呂町」の文字が入った小さい標があるだけです。ハイキングの標識も全くありません。この辺はひたすら下りになります。いつまでつづくのかなあ・・と思った頃にやっと車道にでました。でも、ここから入る人のための表示はありますが、でた人のための表示がありません。さて、どっち?多分左だと思うけれど、この舗装道路で良いのか、それとも周辺に山に入るコースがあるのか?再びガイドブックのコピーを取り出します。地図を見てもわかりません。方角的には左で舗装道路だから、いずれ人がいる町に確実には行けるのですが・・ガイドブックの説明書きを読むとこの舗装道路を左に曲がって進むと「五常の滝」まで間もなくと判明。左に進みます。
26101340
さらなる分岐です。
右に行くと北向き地蔵、左に行くと五常の滝&武蔵横手駅です。
26101336
このあたりから、時折前方から人が来るようになりました。武蔵横手駅から来ているのでしょう。
左に滝の入り口です。
すぐです。
26101353
26101354
道路の左には川が流れています。夏でも涼しそうです。
26101352
こんな感じの道が続きます。
単調で飽きた頃に、ようやくT字路にさしかかりました。
26101350
通りにでてみると、なんと駅はすぐ目の前でした。
26101361
26101363
駅は、トイレと(割と大きめです)自販機のみ。売店など食べ物を買える所は周辺にもありません。
上りの電車は一時間に2本程度です。
26101362
ホームの反対側で山羊が飼われていました。
26101360
ほどよい距離で、登山口からも出口からもアクセスが良いのは魅力です。
今日は、短いコースを歩きたく、北向き地蔵より手前のルートを歩きました。人がいなくてかなり不安でした。人がいなくても林のコースだとそうでもないのですが、見通しもなく、湿気がある雰囲気なので不安度が高いです。複数であれば問題ないと思います。
コースは歩きやすくちょうど良い歩きごたえでした。
まとめ
参考にしたガイドブック・・山と渓谷社 埼玉県の山120~121ページ
ガイドブックの歩行時間・・2時間45分、歩行距離8.0㎞
最低気温 約17度
最高気温 約23度
コース中のトイレ
高麗駅(洋式紙あり)、(登山口前、コンビニ)、登山口(洋式、紙あり)、物見山入り口手前、茶店付近(和式、汲み取り、紙なし)武蔵横手駅
自販機
高麗駅、日和田山登山口、物見山入り口手前付近の茶店、武蔵横手駅
難易度 ほとんどないが、時折岩がゴツゴツしている箇所がある
注意点 今回のコース、馬頭観音経由のコースは人と出会わない
馬頭観音経由は分岐の見逃しに注意

1のつづき
ときどき、岩ゴツゴツの道もありますが傾斜の少ない歩きやすい道が続きます。
両側はスギ?が多く、からりとした気持ちの良い道です。
26101318
26101317
26101319
ふと、車道に出ました。
26101316
目の前の車道を前にそのまま進みます。
でも、間違えていないか不安になり何度も地図を確認しましたよ。
地図はガイドブックのコピーなので小さくテよく分からず、説明文を読んで間違いないと確認。
見逃している道や標識がないか、キョロキョロ確認。
ここに写っている他のハイカーもいましたが、聞こえた会話では単に道しるべに沿ってカンで歩いている風だったので、ただ着いていってはいけない・・と思い。
間違っていないね。
舗装道路を道なりに進むと左手に、あずまやと公衆トイレが見えてきました。
26101320
26101323
このトイレ、男女の区別なし。
くみ取り式トイレ
ペーパーなし。
です。
入るのに勇気が必要でしたが、古いものの、それほどニオイもせず清掃もそこそこ行き届いている風でした。暗いと躊躇しますが、明るく不審者等がひそんでそうな(?)気配もなさそうなので、思い切って入っておきましたよ。くみ取り式なので物を落とさないように細心の注意を払いましょう。
26101324
26101325
左側が開けていて、気持ちの良い通りです。(遠くの展望はありません。)
26101322
コース中、唯一の茶店はまだ開いていませんでした。自販機があるので、いざというとき、ここで調達できますね。
26101321
舗装道路をそのまま直進すると右手に物見山入り口の標識があります。
26101327
26101328
すぐに再び山道になります。途中、右手少し上に祠がありました。
26101329
物見山頂上はすぐです。
少し広くなっていてベンチがあります。
展望はありませんが、10人程度のハイカーが休憩していました。
26101330
どうでも良いのですが、休憩していると年配のおじさんが「ちょっと、ここいいですか。」と言ってベンチの空いたスペースに座りました。(他にも空いたベンチはあるんだけどなあ・・)と思いつつ、年配の人って、周りのベンチに気付かない、人がいるところに寄ってくる・・みたいなところがあるので、そんな感じだろうな。とやりすごしていました。けれど、「あ~疲れた。」「あ~。」と言い始めたので・・(これは・・「教えたがりおじさん」かも。と、軽く警戒。不審ということではなく、「あ~疲れた。」の流れで「で、おたくはどちらから?」みたいな流れの会話になりそうな気配がプンプン。会話がいやなんではなくて。だいたい、こういうおじさんって、いろいろ教えたいわけですよ。それが面倒くさい。会話になりそうな前に退散することにしました。・・と、なんとそのおじさんも休憩終了の様子。
とりあえずホッとして先に進みました。
26101326
3へつづく

今回は、前回日和田山のみで帰宅しましたので、もう少し周辺を歩いてみます。
一般的なコースは日和田山→物見山→北向き地蔵→五常の滝→武蔵横手駅ですが、このコースを歩くと標準的なコースタイムは3時間45分で9㎞です。手持ちのガイドブックで、別のものを見たところ、北向き地蔵より少し手前のコース「小瀬名下降点」とから別のルートに入り馬頭観音を経由するとコースタイム2時間45分、8㎞というものがありました。後者のほうが今日の体力にあってそうです。「小瀬名下降点」という分岐をうまく見つけられるのか不安でした。、ブログなどをチェックしましたが、皆さん北向き地蔵経由ばかりで後者の短いコースを歩いた物が見当たりません。とりあえず、注意して歩こうと「小瀬名下降点」から馬頭観音を経由する短いコースを歩く予定です。見つけられなければ北向き地蔵を経由することとします。それから、物見山手前の茶店が開いていれば山バッジを買いたいのですが、開いているでしょうか。
それから、池袋から西武鉄道、「長瀞、三峯口行き」という電車に乗りますが、こんなアナウンスが入ります。「この電車は、途中、長瀞行きと三峯口行きに切り離します。前四両が長瀞行き、後ろ四両が三峯口行きです。」と。私が降りるのは高麗駅なので、多分どちらでも大丈夫だろうと思いつつ、切り離す駅名が聞き取れませんでした。それで、さらに、自分が乗っているのが何両目なのかがわかりません。車両内に番号でも振ってないかと見ましたが、何もナシ。電車が立っている人がいるので見通して何両目かを確認もできません。そこでスマホで「切り離す駅」をまず調べましたが、どこで切り離すのか結局わかりませんでした。もし、最悪反対方向だったら、乗り換えすればいいや・・の気持ちでいたら、近くにいたおばさんが、仲間と「この電車は前から四両目」と行っているのが聞こえたので、とりあえず何両目かはわかりました。で、繰り返されたアナウンスを聞いていると分岐の直前くらいで切り離すらしいこともわかったので、とりあえずどっちでも良いとわかり一安心。
そのあと、飯能駅ではスイッチバックもどきの動きをするとわかりました。飯能駅から先に線路がなく、ここまで先頭だった車両が最後尾になり、最後尾だった車両が先頭になるのです。おもしろいですね。
さて・・再びやってきました。
高麗駅です。
時間は8時ちょっと過ぎ。
早いせいもありますが、ほぼ、誰もいません。
彼岸花が終わってしまうと、こんなに違うのですね。
26101302
2週間前には賑やかで彼岸花がいろどっていたこの道も静かです。
コスモスが見頃だから、まだ混雑しているかと思いましたが全然です。
26101303
大通りを直進します。この橋から見える川で5,6人の人が脚立をセットして写真をとっていました。何の写真?よくわかりませんでした。何か珍しい野鳥でも?それとも魚?
この橋を越えてすぐの信号から左折し登山口に向かいます。駅から登山口が近いのは良いことです。
26101304
金比羅山神社を経由して・・
26101305
今回も大人しく女坂を経由しました。
展望台にあっさり到着。
でも、今日は湿度が高いです。
気温は低いはずですがかなり汗をかきました。
26101301
実は私、このあとに気付くことになりますが、ここが日和田山の頂上だと思っていました。本当の頂上はまだ先なのです。前回は、夫と来ましたので、まだ気付かずにここから「日和田山頂上に来てるよ~」なんでメールを送ってました。
26101307
26101308
社の左右に道があります。どっちでも良いのか、片方が正しいのかよくわかりません。慣れた風の方が右を行きました。参考にして右を行きました。すぐに再び岩がごつごつの傾斜のあるところを登ります。ちょっとなので大丈夫です。
26101309
しばし平坦な道を歩くと日和田山頂上の手前に来ました。右が頂上へ、左は巻き道です。右を行きます。
26101310
日和田山の標が立っていました。
ここがホントの頂上でした。
今回来なかったら、多分手前が頂上だと思っていたでしょう。
26101306
26101312
物見山方面に向かうために来た道と反対側を降ります。
かなり急です。
けれども適度に細かい段差があるので足を置く場所に苦労することはありません。
とはいえ、ストックがあって良かったと思う瞬間です。
26101313
降りた所を振り返った画像です。巻き道と合流ですね。
26101314
26101315
26101311
2へつづく

↑このページのトップヘ