東京関東街歩き

東京と関東を中心に日帰りで街歩きを楽しんでいます。

カテゴリ: 高尾

前半からの続き

 

もみじ台の巻き道を通ったら、なんと山桜がたくさん咲いていたよ。

040

 

桜より色の濃い花が見える

041

と思ったら、ツツジだった。

再び桜

042

 

見上げると桜の天井

 

043

 

気がついたら、一丁平トイレのある広場にでていたよ。え?もう?

 

047

 

きれいなトイレがあるから助かる。

 

048

 

 

一丁平の展望台から。

今日の富士山、見えたけどかすんでいる。

 

050

 

んで、どのコースを歩こうかな?戻る?進む?と思ったけど、まずは小仏城山に行くことにしたよ。

昨年秋は工事中だった道が完成していた。

山じゃないみたいに整備されているよ。

桜もきれい。

 

052

 

街の中の桜とは違って素朴で強い感じ

 

054

 

小仏城山までって遠いんだっけ?と思ったら、あっけなく着いちゃった。高尾山から歩いてくるのは初めてなんだけど。もしかしてこっち向きのほうがラクなのかな?ここも桜が満開。

 

055

 

そして一本もピンク色の木蓮が満開だったよ。

写真撮っている人多数。

 

056

 

美しい・・

 

057

 

さて、どうするかな~っと。

一丁平でおにぎりを食べてきたし、飲み物も足りているから買う物はないし。

 

 

058

 

 

足の調子はまずます。

小仏バス停まで行っちゃう?

それとも日影沢林道のほうがいい?

高尾山まで戻る?

 

考えた結果、日影沢林道も、小仏バス停も歩く時間は大して変わりない。

日影沢林道は、舗装道だから、あんまり面白くないし、人が少ない。

 

ってことで、小仏バス停まで行くことにした。

 

1時間で着くって地図にあるけど、そんなに短かかったかな?

 

前に逆コースで来た時は、初めてだったからなんか、かなり歩いた感があったんだよね。

とりあえず、進んでみたら、あっけなく茶店跡に着いちゃった。

 

060

 

そうそう、ここから相模湖が見えるんだよね。でも木であんまり見えていないけど。

 

 

061

 

 

もう少し歩くと、明治天皇が来た記念碑の側でおなじみ地図販売していました。

 

え?ここまで来たら小仏峠ってすぐだよね?

 

と思ったら、実際、すぐ目の前だったよ。

062

 

小仏バス停は、右手の道を降りていくんだよね。

この道を下るのは初めて。

登ったのも一回だけだけど。

 

バス時間を気にしてしまって、急いだから写真撮る余裕なし。

ほどなく下界に到着。

 

063

 

最後に巨大なコレを発見。

これの小さいのは見たことあるけど。

 

064

 

 

この辺でバス時間を気にしてまたまた大急ぎ出歩いたよ。

ちょうどバスが来ていて飛び乗った。

 

きがつけば、膝痛いとか言ってたのに、高尾山口駅から高尾山を経て小仏城山を経て小仏峠を経て小仏バス停まで歩き切っちゃった。

 

なぜだか短く感じたのはなぜなんだろう。

 

前に歩いたことがあるからかも。

 

でも稲荷山コースとかだともっと長く感じるんだよね。

 

ああ、もしかすると桜効果かもしれない。

それと、道が整備されていたからあんまり疲れずに歩けたのかも。

 

今日は、後半は無理せずストックを出したよ。

小仏峠からの下りはやっぱりストック様々だったかも。

 

桜とスミレとニリンソウ満載の花の高尾だったよ。

再び高尾山に来たよ。

2週間前に、いきなり山歩きをしたから左ひざの調子がちょっと妖しいの。

でも、膝サポーターを仕込んできてみたよ。

ちなみに「バンテリン」のやつ。

初だけど、想像以上にこれが良かったみたい。

 

010

この前来た時より、だいぶ完成に近づいている高尾山口駅(京王線)。

駅を進んで目の前の川の手前に真っ赤なツツジ?が咲いていたよ。

012

 

桜の系統かな?

これも満開。

桜とは違う美しさ。

013

 

おなじみの道を進むよ。

 

014

 

おなじみのケーブルカー駅前。

人はそんなに多くない。

016

 

通り過ぎようとしたら、かわいいのを発見。

いつからあった?

017

頭上を飛んでいる!

019

 

さらに進むとスミレがあった。

 

020

 

これも咲いていた。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

シャガはほとんどまだツボミだけと、気の早いやつがちょこっと咲いていた。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ニリンソウも満開。

このあと、高尾山ではニリンソウとスミレをたくさんみかけたよ。

 

024

 

 

スミレは紫色っぽいのが多いんだけど、白っぽいのは珍しかった。

 

 

025

 

って、まだ山道に入っていないのにすでに野草がいっぱい。

またまた6号路に入るよ。

膝の調子がいまいちだから、このコースが一番ラクだと思う。

雰囲気も好きかも。

026

稲荷山コースより森っぽい感じが好き。

028

 

道幅は狭いけど多分、傾斜も一番緩いと思う。

足下も割と平坦なところが多いしね。

でも木の根っこなんかには注意しないといけないけど。

まっすぐ行くと飛び石だけど、今日も、直進しないで右の稲荷山コースに入るよ。

 

030

 

少し進むと頂上下をぐるりと一週している5号路との分岐に来たよ。

今日は頂上はスルーして5号路の左側を進むよ。

 

032

 

道は細い。

 

033

 

あっけなく反対側に来たよ。

高尾山頂上から、もみじ台方面側に降りたところとの合流&分岐のところ。ここで気付いたんだけどもみじ台の巻き道が東側にあるんだね。ちょっと行って見たいと思うよ。

034

 

ちょっと暑くなってきていたんだけど、このコースは東側でちょうど日影で涼しい。

あんまり人も歩いていないから静かにあるける。

左上にはもみじ台があるってことね。

 

035

 

で、初めて知ったんだけど、このコースから先って桜が咲いているんだね。

ちょっと終わりかけだけど、桜をたくさん満喫したよ。

 

036

 

後半へ続く

4ヶ月ぶりの山だよ。

今日は東京で桜が開花しているのでお出かけと言えば花見に行っている人が多いみたい。

 

ウォーキングすらしていなかったから、スタートは高尾山で足慣らし。

ホームに降りたら、ぷーんと新しい木の良い香りがする。

 

ああそうか。

 

駅の改修工事しているんだった。

そろそろ、完成するのかな。

 

あっ。

ホームのベンチが新しくなっている。(見えにくいけど。)

 

Exif_JPEG_PICTURE

ホームの待合室も新しくなっている・・?よね。(映ってないけど。)

改札を抜けると、なんだか駅が薄暗かったけれど、木の天井と柱が「山に来た」って感じでいいね。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

個人的に、もっとトイレの数が増えてればいいなと思うんだけど、それは変わりないのかな?

 

思ったより、人は少なめ。

気温もそんなに寒くない。

 

でも、ユニクロのダウンジャケットを羽織ってきた。

とりあえず、着ているとじっとしていてちょうど良い感じ。

 

軽くストレッチをして、ダウンジャケットは登山口で脱ぐことにしよう。

出発。

 

Exif_JPEG_PICTURE

この道はいつもワクワクする。

まだ、開いていないけれど、まんじゅうの看板の湯気が上がっている。

ここのお店、美味しいメニューが色々あって好き。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

高尾山って梅は有名だけど(見そびれた。)

桜の名所がないから今はハイキングは空いているのかも。

今日の東京はハイキングよりお花見に行っているからね、みんな。

 

Exif_JPEG_PICTURE

おそうじ小僧の後ろにちょっと桜か梅かわからないけれど花が咲いている。

Exif_JPEG_PICTURE

 

今日の登りは6号路で行くよ。

体力がないから、途中の分岐で稲荷山コースに入って頂上に向かうよ。

写真が下手でキレイに写っていないけれど、桜が少しさいている。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

おなじみのお地蔵様。

Exif_JPEG_PICTURE

 

これって、梅?

種類がわからないけれど、遠くからずっと見えていたよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

来年は、絶対、梅を見に来るから。

桜もキレイだけれど、人混みをかき分けてまで見に行きたくはないんだよね。

近くに、ちょっとした穴場があるからそこに見に行けばいいかな。

Exif_JPEG_PICTURE

 

6号路の入り口、久しぶり。

左手に入ります。

まっすぐのルートも、そのうち行ってみたい。

Exif_JPEG_PICTURE

ここで、ダウンジャケットを脱いで、いざ出発。

一歩山道に入ったら、

 

「そうそう、この感じ。」

 

忘れていたよ~

やっぱり山だよ~

 

すう~っと身体の中から何かの塊が溶けて抜けていくような感じがしたよ。

琵琶滝の近くには行かないでそのままコースに入るよ。

これは少し上から撮った画像。

Exif_JPEG_PICTURE

名前が分からないけれど、こんな小さくてカワイイ花を早速発見。

Exif_JPEG_PICTURE

あとで、高尾山のアプリで調べておこう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

今日は、この赤い実をあちこちで見かけたよ。

小鳥のえさになるらしいね。

でも、途中で年配の夫婦が食べていたのを見たんだけど、味はどうなの?

試す勇気はありません。

Exif_JPEG_PICTURE

 

それから、この日、あちこちで見かけたのがあじさいが枯れてこんな風になっている姿。

枯れているんだけどキレイ。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

水辺の近くには、生き物も集まるらしい。

絵を見るとタヌキ、キツネ、イノシシ・・ここに、これらの動物が来るってこと?

実はこのあと、頂上付近でこの中のある動物を見かけることになります。

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

6号路は、ここを直進するんだけど、今日は稲荷山コースを経由するよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

ほどなく分岐に出たよ。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

そんで、まっすぐの階段を上ると膝にくるから、右に迂回するよ。(5号路)

迂回と行ってもたいして時間はかからないのよね。それに大きなトイレを経由できるし。

 

Exif_JPEG_PICTURE

実はこの日、寒いかもと思い、下にタイツを履いて着たんだけど思いの外暖かくて暑いの。

暑かったら、あの立派なトイレでタイツをぬごうと想定していたのよね。

で、

着替えるための閉開式のが付属しているんだけど、両足で乗ってもいいのかわからないから、説明書きをじっくりみたけど、何も書いてないから本当にそのまま両足で立っていいの?バキッとか壊したら大変だから、念のため片足ずつ乗せて着替えたよ。

 

5号路の途中、スミレを発見。

ここの道ってアスファルトに覆われていて観光の人が多いんだけど、来る度に季節の花を発見するよ。みんな気付かないで通り過ぎて行くけど。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

頂上から新宿方面の景色。

ちょっとかすんでいるけど、肉眼ではもっと見えてたよ。

茶店の隣の設備はもうすぐ完成しそう。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

富士山がキレイに見えてました。

最後に見たときより、雪が多い。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

そんで、もみじ台まで行ってみることに。

途中、おじさんがケータイで写真を撮っているから何かと思ったら

タヌキ!

Exif_JPEG_PICTURE

 

警戒心がなくて、この直前はこっちに顔を向けていた。

あの警戒心のなさって、なんかまずくない?

生の野生のタヌキって、初めて見たよ~

 

高尾山って、何度来ても飽きない。

 

このあと、もみじ台まで行って、休憩。

茶店はちょうと開店したくらいだったよ。

ナメコ汁は、今日はスルー。

コンビニおにぎりを食べてこの後、どう下山しようかな~と地図を広げて見たの。

 

Exif_JPEG_PICTURE

左足の膝裏がちょっと危なっかしいけれど、最短コースなら歩いて下山できそう。

ケーブルカーを使うほどでもないかな。

候補の下山コースを考えてみたの。

あ、いずれも歩いたことあるよ。

 

①ケーブルカー

②稲荷山コース

③4号路→いろはの森→バスで高尾駅

④4号路→蛇滝コース→バスで高尾駅

⑤(もみじ台→)小仏城山→日影沢林道→バスで高尾駅

⑥(もみじ台→)小仏城山→小仏峠→バスで高尾駅

 

結局、③~⑥はバス時間のタイミングが合わないとボケ~と待ってなくてはいけないよね。

今日は、足慣らしだし。

無難に無理せず②に決定。

途中、ひっそり咲いていたスミレ。

多分、誰にも気付かれていない。周辺を見たけれど咲いていたのはこの花一輪だけ。

Exif_JPEG_PICTURE

稲荷山のあの古い使用できないトイレは撤去されて更地になっていたよ。

途中、高速道路が下に見えた。

これって、前はなかったよね?

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ちょっと膝が痛くなったけれど、無事下山。

出口でちょうどお坊さんとすれ違いになり、(多分、薬王院の方?)「ごくろうさんっ!」と声をかけて頂きました。

私の後ろから来たトレイルランナーの男性には「今日はどこまで行ってきたの?」「陣馬山往復です。」と答えているのが聞こえました。

陣馬山に走って往復~~すご~い。

 

私は、陣馬山~高尾の縦走が今年の目標かな。

 

意外と早く下山できて、まだ昼前だったから家に帰ってもまだ余裕の時間だったよ。

やっぱり朝早いのっていいね。

 

 

↑このページのトップヘ