東京関東街歩き

東京と関東を中心に日帰りで街歩きを楽しんでいます。

カテゴリ: 青春18切符を使った日帰り

青春18切符が、2回分残っています。今回は、平日ですが夫が代休をとりました。そこで二人で内房線保田駅から徒歩5分のばんや食堂にお昼ご飯を食べに行きました。ばんや食堂には、2年前の2月に私が水仙ロード散策の帰りに寄ったことがあります。

今回は、夫も同行のため、シンプルな行程にしました。

今回の行程

千葉駅発着とします。

10:13千葉駅内房線発

11:38保田駅着

(徒歩)約15分

11:55ばんや食堂着

食事

(徒歩)約15分

13:00保田駅着

(電車待ち)

13:42内房線千葉駅発

15:09千葉駅着

実際は、途中から自宅最寄り駅までの行程です。

途中の駅で4停車するところがあります。建物は待合室です。

RIMG0398

はい、それではいきなり保田駅です。到着しました。房総の駅は、木造で癒やしの雰囲気があります。

 

ホーム内の建物は待合室です。

RIMG0406

 

青春18切符を提示したら駅員さんが、これをくれました。

ミニサイズの時刻表です。

RIMG0433 RIMG0434

 

時刻表のコピーより、見やすいです。サイズもポケットに入る大きさでちょうど良いです。

 

実はこのとき、失礼ながら「時刻なんてスマホで調べられるんだけど。」と思いつつ「有り難うございます。」と言って、受け取ったのです。でもあとになって2年前のことを思い出しました。

以前、ばんや食堂で電車の時刻を調べようとスマホを開いたら圏外だったのです。携帯電話会社によって違うかもしれないし、今は圏外ではないかもしれませんが(確認しませんでした)もしかすると、それを考慮してくれたのかもしれなかったのでした。

時刻表は、よくある一般の観光客向けの表示ではなく、画像のような本格(?)タイプです。私も慣れていないので、ちょっととまどいましたが、こういうものがあるんですね。

また、夫が言うには(テツではありません。)「テツの人には、こういう配布物を趣味で集めている人がいるんじゃないか。」と。確かに青春18切符を使って電車に乗っている人、改札を抜けるとにに有人改札ではち合ったことがありません。もしかして、少数派なのでしょうか。つまり、いい年した夫婦が青春18切符で移動しているのはテツの確率が高いので、駅員さんは気を利かせてくれたということもあるかも。とにかく親切に感謝です。

8月よりはだいぶ涼しいのですが、日差しが強くなってきました。日傘を持っていましたが、風が吹いているのであおられます。バッグにしまいました。

この駅に来たのは2年前の冬です。でも、「ちょっとこの間」の気がします。時の流れが速く感じる今日この頃。

駅を降りてすぐ左の路地を通ってみました。生活感のある路地ってスキです。

RIMG0407

 

のどかな住宅街の間を抜けて

 

RIMG0408

 

途中から大通りに出ました。信号機のある交差点の何かの店のガラスがなにげにレトロでカラフルで素敵。

 

RIMG0409

 

車がブンブン通る大通りの歩道歩きはちょっとだけ厳しい感があります。

フェリーの発着所が見えますね。

RIMG0410

 

ようやくばんや食堂の敷地に到着。

ですが、入って「あれ?」となりました。というのは、画像の右手にちらりと映っている建物、これが増えていたからです。さらに右手に映っている建物は、はっきり覚えていないのですが、これも以前と形式が変わっていました。

 

RIMG0412

 

右手の新しい建物の様子を入り口からのぞいてみると、一応、ばんや食堂であるようです。お土産の菓子箱などが並んでいるのも見えました。そして入り口には「本日の定食」というメニューが表示されています。初めて来たら、こっちに入ってしまったと思います。

そして以前来たときの建物に向かうと、↑画像の左手の建物が「浜焼き館」になっているんですね。浜焼き館とは貝類を焼いて食べる大人2500円食べ放題の部署(?)です。以前は本館の奥に配置されていました。

今は建物が別になっているんですね。

そして以前来た建物、「本館」に行くと、新しい建物より、普通の人がたくさんいました。入り口が入り口、出口の二カ所に分かれるように変化していました。事前にネットで軽く情報収集していましたので、行列ができていても「まずは店内入り口に受け付けに名前と人数を書く」ことは忘れずに行いましたよ。

店内は平日で、9月に入っているせいかお昼時ですがちょうど満席よりちょっと少なめ、席が9割~満席、(待っている人がほとんどいない)埋まっている感じでした。

入り口の手前に少し通路があり、メニューの表示とその日の煮魚の見本が(現物)5,6品展示されていました。

以前は手書きだったメニューの表示が電光になっていました。

店内も、以前は浜焼き用が同じ建物でしたが、全て普通のテーブルとイスになっていたので、かなり余裕ができたみたいです。

3分ほどで名前を呼ばれて指定の席に着きます。相席です。

テーブルに置いてある注文票に記入してその辺にいるスタッフさんに渡しました。このシステムは以前来たことがあるのでスムーズでした。そういえば以前は、さっぱりわからなくてスタッフさんを捕まえて聞いたのでした。

今回注文したのは、あじのなめろう丼(1100円)と二人で1品のイカのかき揚げ単品(600円)です。

5分ほどで運ばれてきました。

RIMG0413

 

びっくりしたのはイカのかき揚げです。画像でわかりにくいですが、かなり大きめのかき揚げが4個で1品扱いです。

RIMG0415

 

同じテーブルの隣に座っていた方に、分けてしまいたい・・(持ち帰りもできますが荷物になるので)けど、余計なお世話かもしれないしと思っていると、「すみません、それって、何品分なんですか?」と尋ねられました。「1品なんですよ~もし良かったら、分けますので食べていただけませんか?そうしてもらうと助かります~。」と、言うと、OKして下さったので半分、分けることができたので実際助かりました。「ちょうど、頼むところだったんです。」ということでした。

ネット情報で、ボリュームがあると知っていましたが、想像を絶していました。

アジのなめろう丼は、少し前の某の食堂の海鮮丼のトラウマがありましたが、ご飯がつやつやでちょうど良い感じでした。肝心のアジですが、量がかなりあるので満足ではありますが、正直なところアジならぬ味は期待が大きすぎたのか、それに比べると一般的な印象でした。

まずは食べてから、他の注文をしようと思っていましたが、この2つで、もうおなかいっぱいです。

このあと、隣の保田駅から鋸山に行こうとしましたが、夫が「熱中症気味になるかも。」と言い出したのと、私も膝サポーターを忘れて膝が怪しくなってきたので、そのまま帰ることにしました。

というわけで、あとは帰りました。

膝の調子を忘れて帰りに買い物に立ち寄った店でかなり歩いたので益々膝が怪しくなってしまいました。油断は禁物ですね。

とはいえ、青春18切符は何とか使い切りました。

無題

今回の費用(一人あたり)

電車代        2370(青春18切符一回分)

飲み物、軽食 660

食事代        1510

合計    ( 2507 )

このほか、最寄り駅から自宅までの交通費もかかりました

このルートの本来の電車代 2634

得した電車代        264

あまり変わりないように思われますが、実際はこのほかに最寄り駅までの電車代も含みます野で、もう少し得しています。大きく得したわけではありませんが、無駄にしなくて良かったです。

青春18切符の感想など。

使い切れるか心配でしたが、あえて買うことで「どこかに行かざるを得ない」状態を作ったわけです。誰が強制しいるわけでもないのに。これまで山を歩くことばかり注目していましたが、ただ電車に乗っているということも想像以上に楽しめると発見がありました。

景色を楽しまなくても、(通勤用で車窓どころでないことはあります)乗り換えのタイミングの工夫や緊張感とか、ホームの場所が意外なところにあるとか、客がボタンを押して開け閉めするドアとか、いろんな発見がありました。

そして意外と日帰りで普通列車でも結構遠くまで来れるのだということも。ちょっと距離があると何も考えずに特急や新幹線を使っていました。ただ移動するだけではなく経過を楽しむってある意味山歩きに似ていますね。

そして山歩きは常に緊張感があります。特に人が少ないところや初めて行く場所は。けれども電車は基本的に危険が少ない、ほとんどありません。(妙な乗客と運悪くはちあわせなければ)最低でも運転手、車掌、駅員さんらがいます。移動もただ乗っているだけで安全です。

電車は乗り物をみんなでシェアしているとも言えます。とすれば個人で車で移動するよりも遙かにエコです。

青春18切符のメリットは、料金の安さにあります。多くの本、ブログですでに語られていますがそれ以外に感じた注意点があります。

最初に乗る駅は時間の余裕を持って来ることです。その理由ですが、有人改札を通り。日付と駅名の入ったスタンプを押してもらうのですが、そのときに事前に他のお客さんがいると、場合によっては少し足待たされることになります。

ギリギリの場合、前のお客さんの用事に時間がかかると電車に乗り遅れる事も想定できます。

それから、スタンプを押してもらった後は、日付を確認してインクが乾いてからしまうことです。幸い、何もありませんでしたが、注意するに越したことはありません。

初めての使用ですが、自分が忘れないように備忘録の意味でもどや顔で書いてみました。

 

 

青春18切符を使い、今回は東京駅から東海道本線経由で御殿場線に行ってみました。

今回のルート


平日ダイヤ

6:07 東京発 東海道本線熱海行き



7:59 熱海着



8:21 沼津着

8:47 沼津発 御殿場線



9:21 御殿場着

9:30 御殿場アウトレット無料シャトルバス発

9:35出発



9:45御殿場アウトレット着

御殿場アウトレット散策

11:00 御殿場アウトレット無料シャトルバス発



11:15 御殿場駅着

11:25 御殿場発 国府津行き



12:11 国府津着

12:15 国府津発 東海道本線古河行き



13:28 東京着

 

今回の費用



  • 青春18切符 一回分 2,360

  • 朝 おにぎり2個  260

  • 昼 おにぎり2個  300

  • のみもの      390


合計 3,310

今回のルートで本来かかった費用



  • JR乗車料金 4,751


青春18切符利用で得した金額


4,751-2,360=2,391

2,391のお得

それでは青春18切符で東京駅から東海道本線に乗り、熱海に向かいます。電車の中は立っている人が半分くらい。景色を眺めたいのですがロングシートで海に背を向ける方に座り、さらに日よけのシェードが下げられているのでそれもかなわず。普段は通勤、通学にも使われている路線でしょうから、仕方ないですね。

熱海を散策したい気持ちもありますが、ここはスルーして静岡方面の電車に乗り換えて沼津に向かいました。階段を上って違うホームへの乗り換え時間がわずか3分。でも間に合いました。



 

ほどなく、沼津に到着。ここで乗り換えの時間が少しあるのでトイレに行きます。

 



 

駅は古い建物です。御殿場線は一番奥の5番ホームからです。いったん、反対方向の改札口へ向かいトイレに行き、再びホームに戻ります。

 



 

ちなみに、後で気づいたのですが「何かいいにおいがする。」と思ったら、この駅は4番ホームに立ち食いそば店があります。弁当も売っているみたいでした。

五番ホームの様子



 

御殿場線で、どこかで下車使用と考えましたが、御殿場駅で降りて御殿場アウトレットに行ってみようと思います。

 



 

ホームからの景色



 

のんびりとしたローカル線的雰囲気の御殿場線もドアはボタンを押して開閉する形式です。車窓から箱根山が見えましたが上の方は曇っていてすっきりしません。富士山も天気がいまひとつで見えませんでした。駅構内には大きめのコンビニがあります。

 



 

今回は御殿場アウトレットに行くので、このコンビニと反対側の「乙女口方面」の出口から出ます。

駅構内に展示されているおおきいなわらじ。



 

駅の通路の窓から撮影

 



 

乙女口側の駅前の景色



 



 

アウトレットの無料シャトルバス9:30発に並ぶ行列

 



 

並びました。

程なくバスが到着しました。



 

後半に続く


http://t-hike.com/2015/08/16/post-405/

前編の続き

http://t-hike.com/2015/08/16/post-369/
 

アウトレットに向かうバスは超満員。運転手は女性の方です。「詰めてください。」の声がけが何度もアリ、5分遅れで出発しました。バスの中は若い女性が多数。女性同士のおしゃべりの声がかなりにぎやかです。満員ですが周囲のほとんどが女性なので割と気が楽。

このバスがシャトルバスの一番速い便です。途中、郊外型の道から細い山道に入りました。「こんな道を行くの?」という感じの県道とか市道のような生活路風の道です。出発して10分後に到着しました。バスに乗る時間が10分というと歩いてもいけるみたいですが、実際は歩きは無理だと思います。



 

↑この写真の方から入ると店が少なめのほうです。

御殿場アウトレットに到着。思ったより小さいな後いう印象です。ちなみに、このアウトレットは主に2つの敷地に分かれています。バスを降りてバスト同じ進行方向の入り口から入る方は店が少ない方です。バスを降りて後方の入り口から入る方が店の数が多いです。(目印に入り口側にGAPがあります。)

私はわからなかったので、バスの進行方向側の方から入りました。すでに開店を待つ客が店の前で待機していました。店が開くまで10分くらいあるのでトイレに向かいました。結構混んでいました。あとでわかりましたが、混雑しやすいトイレに入ったようです。

この写真のバスの後方の入り口から入る方が店は多いです。



 

開店10分前ほどの様子



 

手前のエリアをながめて、もうひとつのエリアに向かいます。途中谷の上に橋が架かっていて何もない橋の上を通って別のエリアに行きます。敷地の途中に谷と橋があるとい鬱栗に驚き。

 



 

途中の橋からの景色。観覧車が見えます。

 

 



 

橋の反対側の景色です。

谷の深さは高尾山の吊り橋の谷くらいかも。もっとあるか?



 

時間が経過するほどに人が増えてきます。(写真にはあまり映っていませんが。)



 

 

ある程度、気になる店をのぞいてみましたが、にもつを増やしてまで今買わなくてもいいかな・・という感じでした。都内近辺に店はたくさんあるし、幕張に駅近のアウトレット、越谷レイクタウンも駅近だし、通販もあるしね。

木更津アウトレットに行ってみたこともありますが、ここ、御殿場は他のアウトレットと比較しても何か正直、パっとしない印象。わざわざ来るというよりも、近くに来たついでによるくらいで良いかと。(個人的感想です。)何よりアクセスが良くないですからね。仮に電車で来ても、往復のシャトルバスは無料でも渋滞必須。(早く来たので免れましたが。)

だいたい一通り見て、気が済んだので11時のシャトルバスで御殿場駅に戻りました。ガラガラでバスには4,5人しか乗っていません。帰る頃には客が増えて混んできました。反対側の斜線はすでに渋滞しています。



 

この調子だと、車もバスも一日滞在して午後から帰る頃には渋滞がすごそうです。早々に退散して正解。再び御殿場駅に戻り、駅のコンビニで昼食を買う事に。少し駅弁も売っていたのですがボックス席じゃないと食べにくいので、普通のおにぎり2個を買いました。でもここで駅弁を買っておけば良かったです。

帰りの電車です。国府津に向かいます。ボックス席でした。まあ、仕方ないのでコンビニおにぎりを食べます。今日は朝からコンビニおにぎりオンリー。



 

駅弁ではないけれど、今度は景色を眺めやすいです。しっかり進行方向を考えて座りました。

途中、気になった味のある町。小山町というのですね。金太郎ゆかりの地らしいです。



 

こんなにかわいい駅もありました。



 

SLが展示されている駅もありました。

 



 

川の景色もいくつか。

 



 

国府津で御殿場線から東海道本線に乗継ました。



ラッキーなことにボックス席でした。(駅弁欲しい)

 



今回のたびは東京駅に着いたのがなんと13時台です。見延線に行っても良かったかなと。でもたまに早く帰ってゆっくりするのも良いです。家に帰宅して余裕で洗濯したりごはんを作ることが出来ました。土産を買うと荷物になってフットワーくが良くないので、帰りにパン屋さんでおいしいパンをたくさん買って帰りました。

以前から、使ってみたかった青春18切符、とうとう買いました。前回、房総一周のときに花王かどうか迷ったのですが前回は買わず。使用期限は9月10日までなので迷いました。でも、あえて自分にノルマを課すために(誰も与えていない。)買うことにしました。

本日の行程


今日の行程は、とりあえず千葉駅からスタートするものとして書きました。

千葉駅(総武本線)7:15発→銚子9:12着・・銚子(銚子電鉄、外川行き)10:23発→犬吠10:40着・・徒歩で犬吠灯台、食事・・犬吠12:23発→銚子12:39着・・銚子(総武本線)12:50発→千葉14:33着

乗車料金


この区間、行程のJR通常料金 2,980円

銚子電鉄は一日券を購入 620円

実際は、千葉駅から自宅最寄り駅までの交通費がこれに加わります。

青春18切符は一回あたり2,360円なので、この行程と区間の場合620円のお得です。実際はこれに自宅最寄り駅の往復も加わりますので、もっとお得率が増えます。

青春18切符を初めて買う


 

今回の行き先は銚子です。銚子に行って、そこから銚子電鉄に乗る行程です。当日の朝、最寄り駅(JR)の新幹線などの券売機に向かいました。まだ朝の6時台なので、みどりの窓口はあいていません。2台ある新幹線等の券売機の前には先に先客が一人立っていました。隣の機械が空いていたのでそこに向かいます。「お得な切符」選びます。すると次の画面に「青春18切符」の項目が出るはず・・アレ?ない・・と、一瞬あせりましたが、右下に「次へ」の表示がありました。2画面あるようです。気を取り直して「次へ」をタッチすると、「青春18切符」が表示されました。「大人1名」をタッチしてお金を入れて購入。

切符の他に説明の紙が4枚くらい一緒に出ます。

切符を持って有人改札へ


切符を持って有人改札(駅員さんがいる改札)に行き「青春18切符です。日付のスタンプお願いします。」と言うと「おひとりですか?」と聞かれたので「はい。」と答えました。「一回目」のところに日付と駅名のスタンプが押されました。

後は、この切符を有人改札で見せるだけです。

千葉駅は改装工事中で混雑、いざスタート


千葉駅に来ると駅の改修工事と通勤ラッシュで混んでいました。学生が休みですがそれでも狭くなっているので駅員さんがあちこちでメガホン片手に声をかけていました。

総武本線に乗り、向かい合わせのシートのある車両に行きました。と言っても、横向きの2人がけの席しか空いていなかったので、そこに座りました。あとは途中まで持って来た未読の本を読みふけりました。

ちょうど、読み終わった頃に、周りは相当のどかな景色が広がっていました。



電車の中の席も空いてきたのでボックス席に移動しました。

銚子駅に到着・・銚子電鉄の乗り場がわからなくてしくじる


そして9時過ぎに銚子駅に到着しました。



実は私、リサーチ不足でここで、ちょっと失敗しました。

実は総武本線が到着した同じホームの後方に銚子電鉄のホームが隣接しています。ところが到着してから一番早い銚子電鉄の発車時刻まで4分しかありません。そのため1本後の約1時間後の電車で良いと思い、よく確認しないでいったん、改札を抜けたのでした。



銚子駅前の様子

違う鉄道なので、てっきっり、一度改札を抜けると思っていたのです。一度出ればわかるだろうと思ってよく考えませんでした。

ところが、トイレに入り外に出ましたがどこにも「銚子電鉄」の文字が見当たりません。おかしいと思い、再び駅に戻って展示物を見ると、こんな表示が見つかりました。



えっ?銚子電鉄の改札ってJR改札内にあったの?

私が今降りた、総武本線のホーム後方に改札の入り口があるようです。でも、会社が違うのにそんなのあり?訳がわからないので、駅構内の「観光案内」で聞いてみました。

  • 私「銚子電鉄の改札は、ここのJR改札を抜けていいのですか?」

  • 観「そうです。有人改札を通って階段を上って一本向こうの奥です。」

  • 私「銚子電鉄の切符はJRの券売機で買えるのですか?(片道乗車券は、それでOKと張り紙があった)」

  • 観「それでも良いのですが、一番間違いないのは、銚子電鉄電車内で職員から買うと良いです。往復切符、一日切符等も買えますので。」

  • 私「そうですか。JRの改札って、何も持たずに通れるんですか?」

  • (改札抜けるなら私は青春18切符を持っているけれど、JR利用のために入るわけじゃないからNGですよね。なので聞いてみました。)

  • 観「もし、何か聞かれたら銚子電鉄に乗るといえば大丈夫です。」

  • 私「ありがとうございました。」


そして、時間が少しあるので銚子駅外に少し出てみました。が、膝の調子が悪いし時間が半端なので本当なら醤油工場見学にいけたのですが暑いし、駅の待合に戻りました。



そして電車時間になるのを待っていると、銚子電鉄の出発時刻が近いと言うアナウンスがありました。JRの職員がアナウンスしていた気がします。

有人改札を抜けようと、駅員さんを見ましたが、私の存在に気づいても何らきのもとめなかったので、(銚子電鉄に乗るために抜けるのが明白だからでしょう。)そのまま改札を抜けて・・(って、おそろしくのんびりな雰囲気を感じました。乗客を信じているからこそですよね。)

さっき降りたホームに戻ると・・



ホーム後方にかわいらしい改札口のような入り口がありました。



入り口にここまでスイカで乗ってきた人用の精算用タッチパネルはありました。



すでに電車は来ていました。

電車に入ると、ちょっと遅れて職員の方が乗ってきました。昔ながらの黒い大きいがま口のような鞄を首からぶら下げています。

犬吠までの往復切符と一日切符で迷いましたが80円しか違いがなかったので、とりあえず一日切符を買いました。



(日付が空欄なのは画像加工してあるためです。実際はここに日付が記入してあります。)

電車の中の様子



(人の顔がないのは画像加工してあるからです。)

後半へつづく↓

↑このページのトップヘ